ありがとう電気工事士資格
第1種電気工事士・第2種電気工事士資格試験に合格するために必要なことを伝えます。参考書・問題集・コツ・心得。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第一種電気工事士技能試験の特徴
第1種電気工事士の技能試験の特徴


第1種電気工事士は国家資格の中で実技試験のある
数少ない資格です。手先の器用さが問われます。

実際に現場で作業をする人が、知識だけあっても、
ペンチや電工ナイフの使い方が怪しかったら、
品質に影響しますからね。



技能試験の試験候補問題公表


平成17年度から技能試験の候補問題が事前に
分かるようになったことから、
技能試験の合格率が上がっています。
以前に比べて試験の難易度が下がったと言えます。

技能試験候補問題は全部で10問発表されます。
10問もあるのは多すぎと思われるかもしれませんが、
以前は何も分からなかったので大きなメリットです。

事前に回路図が分かっているということは、
本番で回路図の作成を間違えたり、誤結線をしたり
することが無くなるから有利です。
回路の誤りは即失格ですから、昔は、これが多かったと
思います。

候補問題の分からなかった以前は、過去問題を中心に
練習して仕上に予想問題を練習してました。
本番では過去問題と同じ問題は出ないので、
回路を間違えたり、回路を考えるのに時間がかかって
焦ったりするので、難しかったのです。



技能試験の欠陥判定


候補問題が分かっているということは、事前に練習さえ
しておけば不合格になることは無いと言えます。

即不合格となる電気的に致命的な欠陥(A欠陥)の
配置・寸法相違、回路の誤り、電線の種類・色別の相違
については事前練習で皆無にすることが出来るはずです。

残りの致命的な欠陥(A欠陥)である未完成、電線の著しい損傷、
圧着不良、締付け不良等や大きな減点となるB欠陥、
小さな減点のC欠陥を無くせば合格です。
これは本番を意識した練習で慣れるしかありません。

C欠陥が数点あっても不合格になることは無いのですが、
A欠陥、B欠陥だけは避けなければなりません。

私は技能試験本番で電線の長さを切り間違えて、
材料を追加支給してもらいました。
これはC欠陥になると聞きましたが合格してます。
スリーブの追加は減点にならないのですが。
電線の追加は減点になるので慎重に切りましょう。

減点対象となる欠陥A,B,C項目の詳細については
参考書に書いてありますし、
財)電気技術者試験センターのサイトで公表されているので、
事前に確認しておいてください。
http://www.shiken.or.jp/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ありがとう電気工事士資格 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
:電気工事士:技能:筆記:電気