ありがとう電気工事士資格
第1種電気工事士・第2種電気工事士資格試験に合格するために必要なことを伝えます。参考書・問題集・コツ・心得。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の第一種電気工事士資格技能試験
私の技能試験

私は電気工事業ながら、自分で作業をすることの無い
管理監督業務なので、手先に自信はありませんでした。
学生時代は弱電専攻なので半田ゴテとニッパーの
使い方には自信がありました。

基盤の上に電子回路を組むのは得意でした。
でも、電気工事士はペンチと電工ナイフと圧着器ですからね。

私は2日間の講習会に参加して練習しました。
試験の一週間前からは、家に帰ってから、
もらった電線を使って、電線の加工の練習を
繰り返してました。
ナイフ、ペンチ、圧着器の扱いを向上させるためです。
みっちりと練習した成果もあって、合格しました。

本番では講習会で練習した過去問題や予想問題とは、
かなり違った問題でした。
合格率は50%を切ってました。
やはり練習の成果もあって落着いて技能試験に
望めたから合格したと思います。

手先が不器用だけど、第1種電気工事士資格が欲しいと
いう方は、勉強をがんばって電験に合格して実務経験を
満たして、試験免除で第1種電気工事士を取得する
道もありますが。
勉強の難易度は電験の方が高いので、電気工事士のみを
目指す方には関係ないですけどね。
スポンサーサイト
技能試験は事前練習で決まる
技能試験の事前練習

技能試験の候補問題が分かっていれば、あとは実際に
練習するだけです。
腕には自信があるから大丈夫と言う方もおられますが、
実務と試験は求められるものが違いますからね。

定められた時間、狭い机の上、試験のプレッシャー、
馴染みの無い材料などの条件の中で、練習無しの
本番勝負だけで合格する人は、本当のプロですね。
尊敬します。

個人の力だけで練習環境(材料の用意)をするのは
困難ですよね。
会社の力で材料を揃えれるなら良いのですが、
出来なければ講習会に参加するのが手っ取り早いです。

練習さえしておけば、よほどの事が無い限り、
技能試験で落ちることは無いのです。

技能試験本番では、落着いて焦らなければ大丈夫です。
私が試験を受けた時は、隣の人がナイフで手を切って、
止血しながら頑張ってました。
もう少し出血が多かったら試験係員に止められてましたね。
でも、その方は時間内に完成できなかったようでした。

焦りはミスを誘発します。

本番で焦らないためには練習するしかないのです。

道具の使い方に慣れていない人は、本番までに
練習して慣れておくしかないんです。

本番では、のんびり作業していたら、いつの間にか
終了時間が迫ってきます。速さと確実さを身に付ければ、
合格が見えてきます。
copyright © 2005 ありがとう電気工事士資格 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
:電気工事士:技能:筆記:電気