ありがとう電気工事士資格
第1種電気工事士・第2種電気工事士資格試験に合格するために必要なことを伝えます。参考書・問題集・コツ・心得。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
切捨てを決断する
切捨ての決断


電気工事士資格試験の勉強中に、
どうしても何度やっても解けなかったり、
忘れてしまう問題が出てくるかもしれません。

そんな時は、思い切って捨ててしまいます。
時間があれば、じっくりと繰り返せば良いのですが、
試験ギリギリで焦っているなら、捨ててしまいましょう。


電気工事士資格試験では、

満点を取る必要は無いのです。

合格点以上ならいいんです。

しっかりと点数を取れるところで稼げばいいんです。



時間が限られているなら、捨てることも必要です。
捨てすぎると危険なので、選別は大事ですが。

仕事柄、今後も関わる可能性の低い分野の出題は、
思い切って捨ててしまえば楽になります。


問題集を解いていくうちにバランスが分かってくると
思います。最初は分かりませんでしたが。

学生時代の期末試験などでは山を張ることがありましたが、
資格試験には山を張ることは通用しません。

入学試験と同じようなものですから。

入学試験でも苦手分野は切り捨てた方も多いと思います。
電気工事士資格試験も、それと同じですね。


問題集中心勉強の副作用


その代わり、電気工事士でありながら、
知らないことも多い有資格者になってしまう
副作用があります。

時間が無くて合格さえすれば良いと思うなら
切捨ての決断をしましょう。


問題集中心の勉強方法は、試験には受かるが知識が浅く
なってしまうのが悩みですね。


本来は時間をかけて、じっくりとテキストを読んで勉強するのが、
自分の知識を向上させることになるのですが。

忙しい社会人は時間が限られていますからね。
勉強でストレスをためないことも大事ですし。


スポンサーサイト
copyright © 2005 ありがとう電気工事士資格 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
:電気工事士:技能:筆記:電気