ありがとう電気工事士資格
第1種電気工事士・第2種電気工事士資格試験に合格するために必要なことを伝えます。参考書・問題集・コツ・心得。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第二種電気工事士の概要
第二種電気工事士の概要


電気工事の欠陥により災害が発生すれば物的、
人的に大きな被害となる恐れがあります。

電気工事士法は、電気工作物についての電気工事の
作業に当たる者に一定の範囲の工事資格を定めています。
電気工事の安全・品質を確保する能力を持った者を
認定するための資格です。

電気工事士の資格を保有していることは、
制限されている電気工事の作業に従事できると共に、
当該工事の管理監督者にもなることができます。

電気工事業に関わる者としては電気工事士を
保有することで仕事の幅を広げ、さらに自分の
地位向上にも役立ちます。


電気工事業では重要な資格ですよね。
もってて当然なくらい。


第2種電気工事士免状の取得者が従事できる業務

一般用電気工作物の電気工事の作業に従事することができます。

一般用電気工作物は、電気事業者から600ボルト以下の低電圧
で受電している場所(一般住宅や小店舗)の電気工作物です。

定められた条件を満たして認定電気工事従事者認定証
の交付を受ければ、最大電力500キロワット未満の需要設備の
電圧600ボルト以下で使用する電線路を除く電気工作物の
電気工事の作業に従事することができます。
これを簡易電気工事と言います。

さらに第2種電気工事士を保有していると
産業保安監督部長の許可を受ければ、
電気主任技術者の免状がなくても
最大電力100キロワット未満の需要設備を有する工場、ビル
などの主任技術者となることができます。


第一種に比べると、第二種は範囲が狭くなりますので、
その分、試験の難易度は下がります。
第二種取得から第一種を目指す方も多いですよね。


詳しくは
電気工事士の試験を管轄している
(財)電気技術者試験センターのサイトで
確認してみてください。
http://www.shiken.or.jp/

スポンサーサイト
私のことブログのこと
ブログのテーマ

このブログでは、第1種電気工事士資格試験に
1年目でストレート合格した経験から、
試験勉強方法、試験の特徴、コツ、使える問題集などを
書いていきます。

第2種は第1種の試験範囲縮小版なので、
第1種と同様として書いていきます。

また、私は施工管理技士、消防設備士、危険物取扱者等の
国家資格も有してますので、それらの経験も踏まえて、
資格試験への対応を考えていきます。

国家資格試験は効率良い勉強をすれば、
仕事に追われて時間の無い人でも合格に近づきます。

筆記試験で不合格だったり、
筆記試験に合格したのに技能で不合格だったりすると、
残念ですよね。再チャレンジに金はかかるし、
時間も掛かるし。

私の会社は試験に合格すれば試験費用は支給されますが、
不合格なら不支給です。

不合格は心理面にも金銭面にもダメージが大きいです。

それは嫌なので、今のところ受験した資格は全て
1年目でのストレート合格です。

これから電気工事士資格試験にチャレンジされる皆さんの、
合格の手助けになるようなブログを作っていけるように
頑張ります。

今後とも、応援よろしくお願いします。

堅苦しい文章しか書けませんが、
気楽に読んでいただければ幸いですが。

copyright © 2005 ありがとう電気工事士資格 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
:電気工事士:技能:筆記:電気