ありがとう電気工事士資格
第1種電気工事士・第2種電気工事士資格試験に合格するために必要なことを伝えます。参考書・問題集・コツ・心得。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第一種電気工事士とは
第一種電気工事士資格の概要


電気工事の欠陥により災害が発生すれば物的、
人的に大きな被害となる恐れがあります。

電気工事士法は、電気工作物についての電気工事の
作業に当たる者に一定の範囲の工事資格を定めています。
電気工事の安全・品質を確保する能力を持った者を
認定するための資格です。

電気工事士の資格を保有していることは、
制限されている電気工事の作業に従事できると共に、
当該工事の管理監督者にもなることができます。

電気工事業に関わる者としては電気工事士を
保有することで仕事の幅を広げ、さらに自分の
地位向上にも役立ちます。


電気工事業では重要な資格ですよね。
もってて当然なくらい。


第1種電気工事士免状の取得者が従事できる業務

・最大電力500キロワット未満の需要設備の電気工事
・一般用電気工作物の電気工事
 ただし、ネオン工事と非常用予備発電装置工事については
特種電気工事資格者の資格が必要です。

さらに、第一種電気工事士を保有していると、
産業保安監督部長の許可を受ければ、
電気主任技術者の免状がなくても
最大電力500キロワット未満の需要設備を有する工場、ビル
などの主任技術者となることができます。

 
 * 実務経験が必要です *

第1種電気工事士資格試験を受験するには、
実務経験が関わってきますので、
電気工事士の試験を管轄している
(財)電気技術者試験センターのサイトで
確認してみてください。
http://www.shiken.or.jp/


いきなり受ける前に確認が必要ですね。


スポンサーサイト
電気工事士資格試験のブログを始めてみました
初めまして。

私の仕事は、電気工事の現場管理監督業務です。
なので、電気工事士の資格保有は必須でした。

第2種電気工事士はスルーして、実務経験を満たした後に、
第1種電気工事士に挑戦しました。

仕事の規模から第2種は持っていても役不足のため、
第1種が必要だったのです。

1年目の挑戦で第一種電気工事士に合格しました。

電気工事士資格合格を目指す方々は、自分のキャリアアップ
のために向上心がある方々と思います。

仕事の規模や実務経験で第2種で充分と考える方も
いるでしょうが、試験資格さえ満たせれば、
やはり上級資格としての第1種に挑戦することを勧めます。

電気工事士資格は自分の地位向上に威力を発揮することでしょう。

これから電気工事士資格試験に挑戦する方へ、
参考になる情報を提供できるように頑張っていきます。

copyright © 2005 ありがとう電気工事士資格 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
:電気工事士:技能:筆記:電気