ありがとう電気工事士資格
第1種電気工事士・第2種電気工事士資格試験に合格するために必要なことを伝えます。参考書・問題集・コツ・心得。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
技能試験は事前練習で決まる
技能試験の事前練習

技能試験の候補問題が分かっていれば、あとは実際に
練習するだけです。
腕には自信があるから大丈夫と言う方もおられますが、
実務と試験は求められるものが違いますからね。

定められた時間、狭い机の上、試験のプレッシャー、
馴染みの無い材料などの条件の中で、練習無しの
本番勝負だけで合格する人は、本当のプロですね。
尊敬します。

個人の力だけで練習環境(材料の用意)をするのは
困難ですよね。
会社の力で材料を揃えれるなら良いのですが、
出来なければ講習会に参加するのが手っ取り早いです。

練習さえしておけば、よほどの事が無い限り、
技能試験で落ちることは無いのです。

技能試験本番では、落着いて焦らなければ大丈夫です。
私が試験を受けた時は、隣の人がナイフで手を切って、
止血しながら頑張ってました。
もう少し出血が多かったら試験係員に止められてましたね。
でも、その方は時間内に完成できなかったようでした。

焦りはミスを誘発します。

本番で焦らないためには練習するしかないのです。

道具の使い方に慣れていない人は、本番までに
練習して慣れておくしかないんです。

本番では、のんびり作業していたら、いつの間にか
終了時間が迫ってきます。速さと確実さを身に付ければ、
合格が見えてきます。
スポンサーサイト
勉強のペースをつかむ
勉強のペースを早期確認


電気工事士資格試験の自分の勉強ペースを知るために、
早めに過去問題集を購入して、どんなレベルなのかを把握して、
勉強のペースを決めれば良いでしょう。

試験1ヶ月前に初めて本を開いて焦るよりは、
早めに買って、一通り目を通して本棚において置けば、
勉強の計画が立て易いでしょう。

これくらいだったら2ヶ月前からでいいやとか。


ちなみに、私は本番の第一種電気工事士の筆記試験で
間違えたのは1問だけでした。

惜しかった。ま、問題集は3回やって、
苦手問題を、もう1回やりましたからね。

試験前の週の週末は1日中、勉強してましたし。


勉強時間の配分ですが、1日・週に何時間という目標でやるよりも、
試験日までに問題集を何回繰り返すかという目標を決めてから、
時間配分をした方が良いのです。

時間のノルマではなく、量のノルマを科すのです。
その方が、質の良い試験勉強ができますから。


そのためには問題集の早期購入、1度目の勉強を早めに行なう
ことが大事です。

試験前に焦るよりは、早めの行動が、電気工事士資格試験に
合格するための第一歩です。


第一種電気工事士資格試験の筆記試験対策本
私が使用したシリーズです。これ一冊だけ。

- Amazonブックスで見る -
新制度第一種電気工事士筆記試験マスター (なるほどナットク!)

- 楽天ブックスで見る -
新制度第一種電気工事士筆記試験マスター

第二種電気工事士資格試験の筆記試験対策本です。
私が第一種で使用したシリーズと同じです。

- Amazonブックスで見る -
第二種電気工事士筆記完全マスター 改訂2版―新制度


- 楽天ブックスで見る -
新制度第二種電気工事士筆記完全マスター改訂2版


参考になれば幸いです。
切捨てを決断する
切捨ての決断


電気工事士資格試験の勉強中に、
どうしても何度やっても解けなかったり、
忘れてしまう問題が出てくるかもしれません。

そんな時は、思い切って捨ててしまいます。
時間があれば、じっくりと繰り返せば良いのですが、
試験ギリギリで焦っているなら、捨ててしまいましょう。


電気工事士資格試験では、

満点を取る必要は無いのです。

合格点以上ならいいんです。

しっかりと点数を取れるところで稼げばいいんです。



時間が限られているなら、捨てることも必要です。
捨てすぎると危険なので、選別は大事ですが。

仕事柄、今後も関わる可能性の低い分野の出題は、
思い切って捨ててしまえば楽になります。


問題集を解いていくうちにバランスが分かってくると
思います。最初は分かりませんでしたが。

学生時代の期末試験などでは山を張ることがありましたが、
資格試験には山を張ることは通用しません。

入学試験と同じようなものですから。

入学試験でも苦手分野は切り捨てた方も多いと思います。
電気工事士資格試験も、それと同じですね。


問題集中心勉強の副作用


その代わり、電気工事士でありながら、
知らないことも多い有資格者になってしまう
副作用があります。

時間が無くて合格さえすれば良いと思うなら
切捨ての決断をしましょう。


問題集中心の勉強方法は、試験には受かるが知識が浅く
なってしまうのが悩みですね。


本来は時間をかけて、じっくりとテキストを読んで勉強するのが、
自分の知識を向上させることになるのですが。

忙しい社会人は時間が限られていますからね。
勉強でストレスをためないことも大事ですし。


問題集を繰り返す
問題集の繰り返し


電気工事士資格試験は、過去問題中心の
勉強で充分と言ってますが、
問題集を解くのは1回だけではダメです。

最低でも2回はやりましょう。
そして2回目で正解できない問題は、
もう1回、じっくりと解法を覚えましょう。


問題集には模擬試験も付いているので、
それで実力を計ってみましょう。

採点して結果が怪しいようなら、もう1回問題集を解いて、
さらに模擬試験を解いてみましょう。


万全を期するなら、これくらいは、やらないとダメです。


問題集は繰り返せば繰り返すほど、得点力がアップします。
試験のポイントも分かってきます。
3回、4回と繰り返せれば最高ですね。時間があればですが。


電気工事士資格試験の勉強には、
何冊も問題集を使う必要はありません。

一冊を、じっくりと読み込むことが大事です。



語句問題の攻略
電気工事士資格試験の語句問題の攻略


次は語句の問題ですが、これは過去の問題に良く似た
問題が例年出ています。
言い回しや、選択肢が変わっていますが、
計算問題と同じくパターン化されています。


記述するのではなく4択問題なので、記憶の片隅にでも
内容が残っていれば、なんとかなるものです。


語句の問題もパターン化されているので、過去問題を中心とした
勉強方法で充分なのです。


問題集を繰り返せば、いつの間にか暗記しています。


簡単な説明ですが、他に言うことがありません。

電気工事士資格試験の語句問題は、
問題集の繰り返しで充分対応できるはずです。

copyright © 2005 ありがとう電気工事士資格 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
:電気工事士:技能:筆記:電気